◆春旬菜『新玉マリネ』登場!

投稿日: カテゴリー: 薬膳お役立ち知識

東京で桜の開花が発表されましたね!

平年よりも12日、統計開始以来最も早い春の訪れです。

ですが開花当日の東京はまさかの極寒、そして雪!!

三寒四温とよく言いますが、

この時季らしく温度差の激しい日々が続いています。

 

春は風邪(ふうじゃ)といって、

風がもたらす邪気(病の原因になるもの)が体内に侵入しやすくなります。

昨日暖かかったからといって油断せずに、

毎日の温度変化に合わせて服装選びに気を付けましょう。

ポイントは『首』を守る事手首や足首もです。

薄手のコートを着てもストールを巻くなどすると

風邪の侵入を防ぎやすくなります!

 

さてさて。イスルクにも春の到来です。

旬の新玉ねぎを使った『新玉マリネ』が登場しました!

冬の間ご提供していた『大根と干しエビの和え物』とバトンタッチです。

常備菜としてお馴染みの玉ねぎ。

薬膳では理気類に分類され、体内の「気」を巡らせる作用があります。

特に春に負担がかかりやすい「肝」の気が詰まると、

鬱々と気持ちが落ち込んだり、

胸のつかえやわき腹の張りなどを感じやすくなります。

玉ねぎはそんな肝の気の詰まりを改善し、巡らせてくれます。

※「気」や「肝」などの薬膳用語の解説はコチラへ⇒「そもそも薬膳とは?」

 

ただ玉ねぎは食べ過ぎには要注意!

旬なので作用にもパワーがあります。生だと尚更です。

イスルクの『新玉マリネ』も美味しくてついつい沢山食べたくなりますが(笑)

他のお料理とバランスよく食べてくださいね!

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております!

イスルクスタッフ いずみん